ことばのフィールドワーク 薩摩弁| 第10回 方言デイタの偏り|黒木邦彦

蒲生かもうふもとにて見かけた地名表示 (再び)

 冒頭画像右の「よくしばぁ」はなんと「永興寺(ようこうじ)馬場(ばば)」に対応します。無理筋に見えますが、「よくしばぁ」という語形は薩摩弁の中ではいたって普通です。このことは、薩摩弁とその祖語との語形対応 (1–2) を見れば分かります。太字部の対応にご注目ください。

(1)a.b.c.d.
 馬場
A.  祖語やうこうばば
jaukouzibaba
B.  薩摩弁jokusbaa
ばー
(2)a.b.c.d.
 長く良う-こそ大事荒-神-様
A.  祖語ながうよう-こそだいじあら-がみ-さま
nagaujou-kosodaiziara-gami-sama
B.  薩摩弁nagoju-kusadesara-gan-saa
なごゆ-くさでㇶあら-がん-さー

(2a) ‘外に長くいたんで、寒くなった。’ (10M40羽島)

(2b) ‘まあ!良くも見付けたよ。本当に良かったなー。’ (09F40荒川)

(2c) ‘その気持ちが大事なんだぞ。’ (09F40荒川)

(2d) ‘荒神さまを祭ってる。’ (10M40羽島)

 (1: 太字部) の対応関係は (2: 太字部) のそれと同じですね。このことは、薩摩弁とその祖語とのあいだに、次掲 (3) のような対応が広く (= 地名に限らず) 存在することを示しています。(3d) の “B” は、(i) 声帯振動 (人体内部の観察を苦にしない人はこの動画も) と、(ii) 両唇を使った呼気妨害とを伴うb, m (= バマ行子音) をまとめたもの(注1)です。

(3)  (1–2: 太字部) の対応
 a.b.c.d.
A.  祖語auouziaBa
B.  薩摩弁ousaa

1  前回の復習

 前回前々回は、薩摩弁において ‘頭’ を意味する語を例に取って、言語デイタに色々なものがあることを説明しました。‘頭’ を意味する語の記録は、次掲 (4) のような言語デイタからなります。

(4)  言語デイタの種類
a.    「びんた」「びんたの」「びんたばっかい」といった語形
b.    /binta2/ ‘頭’ といった形態素
c.    /binta2/ ‘頭’ と /atama2/ ‘頭’ との類義関係
d.    /binta2/ ‘頭’ と /atama2/ ‘頭’ との置換可能性
e.    /binta2/ が ‘髪’ を特別に指す表現
f.     /binta2/ ‘頭’, /atama2/ ‘頭’ の外延

2  方言デイタの収集

 では、日本語方言の言語デイタ (「方言デイタ」と略称) を集めるための調査は、いつ、どこで、どのように行なうのでしょうか? 実は、方言デイタの収集は母語話者に会わずともできます。先行研究 (辞書や談話集も含む) に掲載されているからです。

3  先行研究から拾える方言デイタ

 ただし、欲しい方言デイタが先行研究に(充分に)あるとは限りません。先行研究の方言デイタが、ある地域に特徴的な発音、語句、言い回しに集中しているからです。

 日本語方言研究の関心は長らく、共通語と異なる言語現象や各言語現象の地理的変異にありました (森ほか (編) 2015: p. 1(注2)にも同様の指摘)。その上、「方言 = 自然言語 (⊊ 記号体系)」という観点は学界においてさえ必ずしも共有されていません (第4回記事にて指摘)。各方言の(分かりやすい)特徴は記録されているのですが、多くの方言に共有されている (= 固有性に乏しい) 要素は大抵見過ごされています。薩摩弁の場合、(5) に関する言語デイタは先行研究から拾えますが、(6) に関する言語デイタは集めづらいです。

(5)  薩摩弁の特徴
a.    前掲 (3Aa–d) に (3Ba–d) がそれぞれ対応する。
b.    下降調、非下降調という2種類の声調を使い分ける (第8回記事注3参照)。
c.    煩わしい’, ‘異論’, ‘活力’ をそれぞれ /jazeros2-/, /gi2/, /inot2/ と言う。
d.    ‘私の’, ‘あんたの’, ‘あいつの’ などの ‘-の’ を /-ga/ と言う。

(5c) ‘端たからの目が煩わしいんで。。’ (09F40荒川)

(5c) ‘異論ばかり返しやがるな。’ (10F40羽島)

(5c–d) ‘もう、わたしの家の(孫)…、おと…、何度も東京の大学に好きなだけ、ああしたけど、
(若者には)活力が無いわな。’ (02F25串木野)

(6)  薩摩弁に限らない要素

a.    (i) 語頭音節と (ii) /a o e/ のいずれかに終わる音節とは、母音と隣接していなければ、薩摩弁においても大よそ保たれる。

(例)後ろ買い物聞き間違い
祖語しろかいちがい
薩摩弁ㇶとっげ

   b.    /a o u i e/ という5母音を使い分ける。
c.    ‘手’, ‘山’, ‘上’ をそれぞれ /te2/, /jama2/, /ue1/ と言う。
d.    ‘上から’, ‘最初から’, ‘先生から’ などの ‘-から’ を /-kara/ と言う。

(6a) ‘雑種と 血統書付きの 犬だ。’ (10M40羽島)

(6c) ‘昔は手が出てたからよ。。’ (12M35冠嶽)

(6c) ‘(私の家は)山の中に有るだろ?荒川の、それで’ (03M40荒川)

(6c–d) ‘はは、乳房の大きい(女郎の)姉ちゃんがな、上からニカーッと笑ってるのをな、
(私たちは)冷やかして舞ってたの。’ (03M40荒川)


(注1) 専門的に言えば、「有声(ゆうせい)両唇(りょうしん)閉鎖音(へいさおん)」です。(i)「有声」は声帯振動を、(ii)「両唇」は両唇の使用を、(iii)「閉鎖」は呼気妨害を意味します。子音を指す用語はこのように、(i’) 声帯振動の有無、(ii’) 調音部位、(iii’) 調音法という3要素からなります。

(注2) 森 勇太・平塚 雄亮・黒木 邦彦 (編) (2015)『甑島里方言記述文法書』(人間文化研究機構連携研究「アジアにおける自然と文化の重層的関係の歴史的解明」研究成果報告書)、国立国語研究所

関連記事

  1. BOOK REVIEW: STRAY SHEEP

    書評『ルポ 誰が国語力を殺すのか』(石井光太著 文芸春秋 2022年7月刊)

    文部科学省 教科書調査官(体育) 渡辺哲司1.はじめに(本稿…

  2. 連載別

    英語とともに日本語を考える| 第9回 事実を包んで情況化|武内道子

    1.事実から情況描写へ山下達郎のヒット曲「クリスマス・イブ」…

  3. 連載別

    〈社会システム〉として言語教育を観察していく| 序:なぜ言語教育に社会システム理論が必要なのか —い…

    はじめまして。この場をお借りして、これから書きすすめながら読者のみな…

ひつじ書房ウェブマガジン「未草」(ひつじぐさ)

連載中

ひつじ書房ウェブサイト

https://www.hituzi.co.jp/

  1. 並行世界への招待|書籍版 刊行のお知らせ
  2. 第24回 「資格会議」の報告はどうなるのか|田尻英三
  3. 句読法、テンマルルール わかりやすさのきほん|第8回 国語教育における句読点|岩…
  4. 書評 『発話の権利』(定延利之編)
  5. 書評 酒井順一郎著『日本語を学ぶ中国八路軍』
PAGE TOP