並行世界への招待:現代日本文学の一断面

  1. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面| 第5章 岡嶋二人『クラインの壺』──「現実」は

    ヴァーチャル・リアリティの射程 もう一度、しつこいようですがこの連載で考えようとしていることを確認しておきたいと思います。それ…

    続きを読む

  2. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面| 第4章 筒井康隆『夢の木坂分岐点』──壊れているのは「私」…

    夢と現実の等価値 筒井康隆という名前は、特に現代日本文学に関心のない読者でもいちどは耳にしたことがあるのではないかと思います。…

    続きを読む

  3. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面| 第2回 東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』──並行世界は何…

    現実世界への順応 前回は、柄谷行人『探究Ⅱ』における「単独性」の議論を取り上げ、そこで展開された現実世界と可能世界の質的な異なりが、たとえ論理的に正し…

    続きを読む

  4. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面|
    第1回 柄谷行人『探究Ⅱ』──こ…

    ただ端的にある並行世界冒頭から奇妙なことを言うようですが、僕は中学生か高校生くらいの頃から、並行世界というものが《《実際に》》存在するということを強く確信して…

    続きを読む

  1. 自分を変えるためのエッセイ作成術|第12回 比喩は世界をたぐり寄せ、意味づける|…
  2. 芥川賞作品を読む|第4回 多和田葉子『犬婿入り』(第百八回 1992年・下半期)…
  3. 古代エジプト語のヒエログリフ入門:ロゼッタストーン読解|第5回 ヒエログリフの表…
  4. 中高生のための本の読み方|第10回 怪談の作られ方、楽しみ方|大橋崇行
  5. 中高生のための本の読み方|第6回 図書館に行こう!|大橋崇行
PAGE TOP