加藤夢三

  1. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面| 第5章 岡嶋二人『クラインの壺』──「現実」は

    ヴァーチャル・リアリティの射程 もう一度、しつこいようですがこの連載で考えようとしていることを確認しておきたいと思います。それ…

    続きを読む

  2. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面| 第4章 筒井康隆『夢の木坂分岐点』──壊れているのは「私」…

    夢と現実の等価値 筒井康隆という名前は、特に現代日本文学に関心のない読者でもいちどは耳にしたことがあるのではないかと思います。…

    続きを読む

  3. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面| 第2回 東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』──並行世界は何…

    現実世界への順応 前回は、柄谷行人『探究Ⅱ』における「単独性」の議論を取り上げ、そこで展開された現実世界と可能世界の質的な異なりが、たとえ論理的に正し…

    続きを読む

  4. 並行世界への招待:現代日本文学の一断面|
    第1回 柄谷行人『探究Ⅱ』──こ…

    ただ端的にある並行世界冒頭から奇妙なことを言うようですが、僕は中学生か高校生くらいの頃から、並行世界というものが《《実際に》》存在するということを強く確信して…

    続きを読む

  1. 方言で芝居をやること|第10回|関西弁に初挑戦|山田百次
  2. 平成文学総括対談|第1回 文芸豊穣の時代|重里徹也・助川幸逸郎
  3. 中高生のための本の読み方|第0回 予告編:興味を持つのはむずかしい|大橋崇行
  4. 平成文学総括対談|第7回 越境する作家たち|重里徹也・助川幸逸郎
  5. 芥川賞作品を読む|第3回 遠藤周作『白い人』(第三十三回 1955年・上半期)|…
PAGE TOP