☆中国現代文学翻訳会および会員の紹介☆

中国現代文学翻訳会

 中国の同時代文学に、こんなに豊かな言語空間を有する作品があることを日本の読者に伝えたい、との思いを共有する中国現代文学研究者・翻訳者の集まりです。

 同人の多くは、18年続いた『季刊中国現代小説』のメンバーとして、中国の同時代文学を翻訳・紹介してきました。2005年夏の同誌停刊後、有志を中心に新メンバーも加わり、2年8ヵ月の熟成期間を経て、2008年4月に『中国現代文学』を創刊しました。年2回、小説、詩、随筆等、現代中国の珠玉の作品を、同人の厳しい検討を経た訳文でお届けします。

代表:栗山千香子 e-mail:lishan@tamacc.chuo-u.ac.jp

  


同人

  

上原 かおり(うえはら かおり)

翻訳:張抗抗「酒よ」(『季刊中国現代小説』蒼蒼社)、「涸れ井戸」(『火鍋子』翠書房)、魏微「鄭さんの女」(『同時代の中国文学ミステリー・イン・チャイナ』東方書店)、徐則臣「グスト城」(『新潮』)、張小波「まことしやかに」「検察大官」、鄭小驢「鬼節」、韓松「再生レンガ」(以上、『中国現代文学』ひつじ書房)など

  

大久保洋子(おおくぼ ひろこ)

二松学舎大学・埼玉大学講師

翻訳:陳応松「太平(タイピン)——神農架の犬の物語」(仮題、『中国現代文学』に掲載予定)

  

大髙ゆかり(おおたか ゆかり)

日中投資促進機構職員

翻訳:梁暁声「鹿心血」(『中国現代文学』)など

  

金子 わこ(かねこ わこ)

翻訳:『じゃがいも(中国現代文学短編集)』(各短編小説は『季刊中国現代小説』に掲載後、小学館スクェアから刊行)、馮驥才「木彫りのパイプ」、遅子建「世界中のすべての夜」、畢飛宇「虹」、蘇童「西瓜舟」、葉弥「明月寺」、徐則臣「アヒルが空を飛ぶなんて」(以上、『中国現代文学』)など

  

岸 陽子(きし ようこ)

早稲田大学名誉教授

翻訳:陳建功『棺を蓋いて』(共訳)、張承志『黒駿馬』(以上、早稲田大学出版部)、賈平凹「王満堂——過ぎ去りし日の物語 その一」(『季刊中国現代小説』)など

  

栗山 千香子(くりやま ちかこ)

中央大学教員

翻訳:史鉄生『記憶と印象』(『中国現代文学』に連載後、平凡社から刊行)、述平「キープ・クール」、遅子建「年越し風呂」(以上、『季刊中国現代小説』)、徐坤「屁主」(『現代中国女性文学傑作選2』鼎書房)、北島「廃墟」(『紙の上の月』JICC出版局)、翟永明「十四首の素歌」、王小妮「蓮沼鬼月光」、西川「書籍」、于堅「尚義街六番地」、蒋韻「心愛樹」(以上、『中国現代文学』)など

  

近藤 直子(こんどう なおこ)

元日本大学教員(2015年8月逝去)

翻訳:残雪『蒼老たる浮雲』『カッコウが鳴くあの一瞬』『黄泥街』『廊下に植えた林檎の木』(共訳)『暗夜』(世界文学全集第六巻)(以上、河出書房新社)、『突囲表演』(文藝春秋)、『魂の城 カフカ解読』『かつて描かれたことのない境地』(共訳)『最後の恋人』(以上、平凡社)、「阿娥(アーウー)」「梅保の地盤」(以上、『中国現代文学』)など

http://www.k2.dion.ne.jp/~kondo-n/

  

関口 美幸(せきぐち みゆき)

拓殖大学教員

翻訳:鮑十「子洲の物語」「ヒマワリの咲く音」「冼阿芳の物語」、蘇童「キンモクセイ連鎖集団」、范小青『天気予報』(以上、『中国現代文学』)など

  

関根 謙(せきね けん)

慶應義塾大学教員

翻訳:阿壟『南京慟哭』(五月書房)、格非『時間を渡る鳥たち』(新潮社)、虹影『飢餓の娘』(集英社)、陳染『プライベートライフ』(慶應義塾大学出版会)など

  

立松 昇一(たてまつ しょういち)

拓殖大学教員

翻訳:莫言『莫言 傑作中短編集 疫病神』(勉誠出版)、劉慶邦『神木 ある炭鉱のできごと』(共訳、勉誠出版)、馮驥才「市井の人々」(『季刊中国現代小説』)、李修文「ストリーキング指南」(『現代中国文学短編選』鼎書房)、畢飛宇「コオロギ コオロギ」、蘇童「泥棒」、于暁威「円形の精霊」、朱山坡「魂の授業」(以上、『中国現代文学』)など

  

趙 暉(ちょう き)

中央大学・慶応義塾大学講師

翻訳:津村記久子『白領紀要』(新星出版社)、村上龍『希望之国』(浙江文藝出版社)、水村美苗『私小説―従左至右―』(上海文藝出版社)、史鉄生「往事」、蘇童「人民の魚」(以上、『季刊中国現代小説』)、徐則臣「養蜂場旅館」、蒋一談「もう一つの世界」(以上、『中国現代文学』)

  

土屋 肇枝(つちや としえ)

慶応義塾大学・成蹊大学講師

翻訳:遅子建「原風景」、王安憶「悲しみと私のあいだ」、汪曾祺「鑑賞家」(以上、『季刊中国現代小説』)、紅柯「ハナス湖」、遅子建「北極村童話」、丹増「ギャンゴン」(以上、『中国現代文学』)、『今夜の食事をお作りします』(共訳、勉誠出版)、『アルグン川の右岸』(共訳、白水社)など

  

野原 敏江(のはら としえ)

首都大学東京・千葉大学講師

翻訳:厳力「母語の受難」、金仁順「高麗往事」(以上、『季刊中国現代小説』)、張学東「ある人の旅立ちを見送る」(『中国現代文学』)

  

舟山 優士(ふなやま ゆうじ)

翻訳家

翻訳:張悦然「黒猫は眠らない」、沈石溪「ゴーラルの飛翔」「狐狩り」、笛安「円寂」 (以上、『中国現代文学』)など

  

宮入いずみ(みやいり いずみ)

明治学院大学・中央大学講師

翻訳:范小青「路を変えたら」、祁智「霞を食っては生きられず」、正昌「告発」(以上、『季刊中国現代小説』)王安憶『富萍 上海に生きる』(共訳、勉誠出版)、裘山山「足の甲」「臘八粥」「どしゃぶり」(以上、『中国現代文学』)

  

葉 紅(よう こう)

駿河台大学教員

翻訳:高倉健『等待着你的夸奖』(広州出版社)、姚鄂梅「狡猾な父親」、裘山山「道聴塗説」、劉慶邦「いちめんの白い花」、陳丹燕「X ON THE BUND」、阿成「カラス」(以上、『中国現代文学』)

  

吉川 龍生(よしかわ たつお)

慶應義塾大学教員

翻訳:徐坤「郷土中国」(『中国現代文学』)など

  

鷲巣益美(わしず ますみ)

中央大学・法政大学等講師

翻訳:残雪『廊下に植えた林檎の木』(共訳、河出書房新社)、『かつて描かれたことのない境地』(共訳、平凡社)、李馮「神の座」、金仁順「渚のアデリーヌ」(映画『緑茶』原作)、述平「1976年の撮影」(以上、『季刊中国現代小説』)、陳染「誰もいない窓」(『現代中国女性文学傑作選2』鼎書房)、金仁順「ある法会」(『新潮』2011年12月号)、残雪「紅葉」「旧宅」(以上、『中国現代文学』)など

  

   2015年12月現在


  


ひつじ書房トップへ