外国人労働者受け入れと日本語教育 田尻英三編 外国人労働者受け入れと日本語教育 田尻英三編
2017年8月刊行

外国人労働者受け入れと日本語教育

田尻英三編

A5判並製 240頁 定価1,700円+税

装丁者 山本翠

ISBN 978-4-89476-887-1

ひつじ書房

Acceptance of Foreign Workers and Japanese Language Education
Edited by Tajiri Eizo


【内容】
勉強しないでアルバイトばかりの留学生が問題とされた。留学生や日本語学校がいいかげんという個別の事例が問題なのか。日本語学校の存在を軽視して、行き当たりばったりだったこれまでの政策に問題があるのではないか。外国人労働者を受け入れなければ、日本社会は運営できないという指摘もある中で、日本社会は、いままでのように「見ない振り」をしていられるのか。日本語教育の視点から、外国人労働者と日本社会、日本社会のあり方を考え、問題提起する。元文部科学大臣中川正春氏も寄稿。



【目次】

はじめに

「日本語教育推進基本法」を考える
中川正春

外国人労働者受け入れ施策と日本語教育
田尻英三

日本語教育における日本語学校の位置づけ
丸山茂樹

インドネシア人技能実習生の受け入れと日本語教育
助川泰彦・吹原豊

外国人看護・介護人材の日本語教育
布尾勝一郎

留学生・高度人材に対する政策の変遷とビジネス日本語教育
神吉宇一

子どもの日本語教育―人権としてのことばの教育―
石井恵理子

特化型の日本語教育とユニバーサルな国語教育―外国人労働者受け入れのために―
野田尚史

おわりに
執筆者紹介



【編者紹介】
田尻英三(たじり えいぞう)
龍谷大学名誉教授。
(主著)『外国人の定住と日本語教育 増補版』(ひつじ書房、2007年、共著)、『日本語教育政策ウォッチ2008』(ひつじ書房、2009年、編著)、『言語政策を問う!』(ひつじ書房、2010年、共編著)


ご注文は、最寄りの書店さんでお願いします。
お店に在庫が無くても、お取り寄せができます。
書店が最寄りにない場合は、オンライン書店でご注文ください。

 

 



お急ぎの場合は、小社あてにご注文いただくこともできます。
郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号をメールか、FAXでお知らせください。
新刊案内へ
ひつじ書房ホームページトップへ