トルコのもう一つの顔・補遺編 小島剛一 著 トルコのもう一つの顔・補遺編 小島剛一 著
2016年9月刊行

トルコのもう一つの顔・補遺編

小島剛一著

四六判並製  定価1,000円+税

ISBN 978-4-89476-839-0

ひつじ書房

What I could not say about Turkey 25 years ago
Gôichi Kojima


【内容】
1988年にヒマラヤの麓でペンの走る速さで書き上げた草稿は、新書一冊に収めるには長過ぎ、かつ激昂する文言で満ちている、と評された。穏当な表現に改めて全体を短くするという条件を呑んで1991年2月に『トルコのもう一つの顔』が世に出た。折しも遅まきながらトルコに多数の非トルコ民族がいることの報道が日本でも始まった時期である。草稿から割愛した部分が、著者の胸でくすぶり続け、25年の時を経てこの『補遺編』にて日の目を見ることになった。



目次
はじめに
Ⅰ  トルコ人ほど親切な人たちも珍しい
Ⅱ  トルコのもう一つの顔
Ⅲ  言語と民族の「るつぼ」
Ⅳ   デルスィム地方
Ⅴ  Y氏との旅
Ⅵ   「トルコに移住しませんか」
Ⅶ   トルコ政府の「許可」を得て
後書き


ラズ語辞書刊行のご協力へのお願い
ラズ人・ラズ語との出会い
ラズ語の特徴(1)概念
ラズ語の特徴(2)「動詞前辞」と「複人称活用」
ラズ語の辞書を作ることの意義
寄付・賛同を募ることの意味
ラズ語の辞書の刊行賛同者を募ります




【著者紹介】
小島剛一(こじま ごういち)
1946年、秋田県生まれ。1968年以来フランス在住。1973年以来、フランス人向けの日本語教育にも携わっている。1978年、ストラスブール大学人文学部で博士号取得。専攻は言語学と民族学。
1986年9月、トルコ共和国で少数民族言語臨地調査のための「研究調査ビザ」を所持していたにも拘わらず国外退去勧告を受ける。その後、四度に亘って空き巣被害を受けるが盗まれたものは何も無し。この時以来、身の安全のため、住所や勤務先は非公表。 2003年7月、『ラズ語文法』刊行の直後、トルコ共和国から武力によって国外退去させられる。

【著書】
『トルコのもう一つの顔』(中公新書) 1991年
『ラズ民謡集』(Chiviyazıları, イスタンブール) 2003年3月
『ラズ語文法』(Chiviyazıları, イスタンブール) 2003年7月
『漂流するトルコ』(旅行人) 2010年
『再構築した日本語文法』(ひつじ書房) 2012年

【ブログ】
『F爺・小島剛一のブログ』http://fjii.blog.fc2.com/



本書内に誤りがありました。ここに訂正し、深くお詫び申し上げます。
該当箇所は以下の通りです。
■39〜41ページ(三箇所)
× [新著]
○ [新書]
■45ページ
× 回教に架かる橋
○ 海峡に架かる橋
■IVページ
× ラズ語の特徴(1)概念
○ ラズ語の特徴(1)概論


ご注文は、最寄りの書店さんでお願いします。
お店に在庫が無くても、お取り寄せができます。
書店が最寄りにない場合は、オンライン書店でご注文ください。

 

 



お急ぎの場合は、小社あてにご注文いただくこともできます。
郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号をメールか、FAXでお知らせください。
新刊案内へ
ひつじ書房ホームページトップへ